PROFILE

川崎 太一朗  

Taichiro Kawasaki  (Trumpet & Flugelhorn)



1978年10月9日生まれ 東京都出身。

12歳からトランペットを始め、洗足学園音楽大学トランペット科に入学。NHK交響楽団首席奏者、
津堅直弘氏に師事、ジャズトランぺッター原朋直氏に師事。その後、第23回浅草ジャズコンテストにおいてグランプリ、審査員特別賞を受賞。

2007年 横浜ジャズコンペティションにおいて、自身のジャズバンドで出演、ジャズクラブ賞、洗足学園音楽大学賞、横浜市民賞を受賞。

2003年より、ファンクバンド「オーサカ=モノレール」のメンバーとして参加。

2006年5月脱退同年、EGO-WRAPPIN’のサポートバンド「THE GOSSIP OF JAXX」のメンバーとして、アルバム「On The Rocks」ツアー等、現在も活動中。
また、実力、人気ともに今のジャズシーンを代表するトランペット奏者が集結する主催の「リップサービス」ではSOIL&”PIMP”SESSIONSのタブゾンビ、菊地成孔ダブセクステットの類家心平と共に毎回オーディエンスを沸かせている。

EGO-WRAPPIN’をはじめとしbonobos、星野源などライブサポートからレコーディング、CM収録、自身のジャズリーダーライブと、ジャンル問わず、活躍の幅を広げている。


他、個人レッスン等、後進の指導も行う。


 

Leader Album

Other Work

THE GOSSIP OF JAXXバンドメンバーとして 現在も数々の楽曲に参加。
"Superfly"
"TWISTIN' THE NIGHT AWAY"
"Stranger"
"HYPER FOLK"
"Obscure-Ride"
and more...